新しいiPad の充電電流(1.5A吸わせてみる)

新しいiPad このネーミングセンスはどうなんだろうか。 New iPad ? うーん。(-_-;)
とか言ってるとApple信者に刺される気がするので、このあたりにして、
夕飯のお肉を解凍している間に書いてみる。(時々出てくる語尾の”w”は”草”。”(笑)”の略)

前回作った回路で Retina ディスプレイとやらがのった、iPadの充電電流を測ってみた。

結果はこの通り、純正互換(前回の回路図の抵抗比)や純正は1.5Aの急速充電
iPhoneが充電できるとうたう3rdは1.2Aもでてない。その充電時間への影響は、
見た目だが下図の様に面積で見ると解りやすくでている。 続きを読む

USB充電電流測定回路を作ってみた

USBのD±のプルアッププルダウン、ショート、抵抗挟みが変更して、
どんな機器でも充電できるようにするとともに、ピンヘッダで基板上抵抗から、
データ通信に切り替えられるようにしてあります。

充電電流の他に拡張で3chの電圧を測定できます。TX,RXも(使ってないけど)出ています。

測定結果は背面に搭載されたmicroSDカードにパソコンが読める形式で保存されます。

本題は充電完了、充電中、未接続が、
LEDで表示出来るようにする回路の製作だったのですが、
そのためには充電電流の測定が必要→時間単位で電流を計測する必要がある。
→手持ちのオシロじゃ無理→LabView?→使ったこと無い物使うより作った方が速い!

と言う経緯で一日で設計から製作、その晩に測定という強行スケジュールで作りました。

詳細はと言うと…LCDを外してっと、 続きを読む