C89の頒布物と、その修正について

開催と報告の後先が逆になりましたがコミックマーケット89に参加しました。
C89においては、今までの電子工作とは異なりWebRTCをネタにして同人誌を制作しました。

id_242273542頒布物はWebRTC調査報告書(草稿)というコピー本だったのですが、私の計画性が不足していたことからコピー本になってしまいました。

id_242273543id_242273608それだけで済めば良いのですが、年明けにゆっくり確認したところ誤解を招く記述や、明らかに間違っている記述が散見され大変お恥ずかしい物になっている事が判りました。

つきましては修正と増補を行ったものを作成いたしましたので、冊子末尾に記載のURLから更新版をダウンロードしていただけますよう、お願い申し上げます。

更新版の作成においてはWebRTC界隈で著名なエンジニアの方々に内容を見ていただき、より確かな内容になるよう配慮しております。

次回参加される際には、印刷したものを用意させていただきましてC89で頒布させていただいた方に無償でお渡ししたいと考えております。

以上、大変申し訳ございませんでした。今後ともよろしくお願いします。

BL600をiBeaconにしてみる。

Bluetooth Low Energyモジュールの一つBL600を開発しているLaird社からiBeaconの資料とプログラムが公開されたのでブレッドボードで動作させてみました。

20140107_123307BL600はリフローしないと半田付けできないので、ブレイクアウトボードを使用します。
今回はランニングエレクトロニクスさんから提供していただいたREBL600WBを使用しました。

続きを読む

3Dプリンターって結局どんな構成がベストなんよ

って考えると行き着くところはAtomなんじゃないか。とか言う話。

性能を求めるならUltimaker
手軽さを求めるならMakerBor Replicator 2
サポートを求めるなら3D Systems社製品
安さを求めるならsolidoodle?

という昨今、フレームがほとんどミスミで全金属製なOrdBotを買ったのですが、
部品を買い集めるのにかなりの経費がかかりまして、素直にAtom買っとけば。
とか思ってしまった今日この頃です。

と、まぁしかしながら、筐体としてのOrdBotはかなり優秀だろうなと踏んでいます。
ミスミのアルミフレームで調整が効きますから。効き過ぎて調整するのが大変ですが。
私みたいに弄るのが好きな人間はこういうのが向いています。
単なるXYZ軸のメカ機構としての発展性はピカイチじゃないでしょうか。
っていうかMDFと樹脂パーツの加工メカっていうのがなじみなさ過ぎて、
懐疑的なだけかも知れませんが。湿度で歪まないの?柔らかくね?って感じで。。。

前置きが長くなりましたが、この投稿は3Dプリンターのベスト部品構成はどんなんよ?という思考遊びのお話。あRepRapの話でしてKitは関係ないです。

続きを読む

C84参加報告

忙しい、忙しいといいながらコミックマーケットに今回も参加しました。

C84_1私の頒布物は例によって、Android向けUSB赤外線アダプタ”いちごあめ”と”スマートフォンと自作回路をつなごう”と題して20Pの薄い本でした。回路は29個、同人誌は39部用意したのですがあっけなく午前中で完売してしまいました。

続きを読む

いちごあめ作ってみた動画をアップしました。

あけましておめでとうございます(遅
いちごあめで念願の作ってみた動画をニコニコ動画にアップロードしました。

とはいえ、実用に特化していておもしろみに欠けるので、次回はもっとアホなのを考えてます。

動画のコメントの質問にたいして、下記で答えてみる。 続きを読む

コミケット83報告

コミケット83お疲れ様でした。
でんでんらぼブースにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。710336851

おかげさまで、冊子、回路(いちごあめ)完売いたしました。
冊子は12時頃
いちごあめは14時頃かなー?
冊子の方が完売が早かったのは、ちょっと予想外だったりwまぁ、みんな理解してるつもりで理解してない分野ですからねぇ・・・(私も判ってない 注:過渡現象について書いたのはnorfoxxです。)

いちごあめサポートページとアプリの方は随時更新していきますので、
よろしくお願いします。

ソースコードの公開とか、回路図の公開についてはちょっと考えています。
ただ公開しない場合は、アプリ側にいちごあめでできる全てを実装します。

戦利品の紹介

私は終始ブースに張り付きだったので、(だって売り子帰ってこないんだもの;;)
まぁ、ファンネルを飛ばして買ったのは、なんだかんだで買ってなかった、
マイクロソフトブースのKinnectセット(ぁ
結構遊べるって評判なんですけどね、Kinnect買ってませんでしたw

あとは、solaさんに宅配してもらっちゃった、JCROM
Joshi Chugakusei ROMも焼いて貰っちゃいました。本当にありがとうございます。711170603いじょ!夏コミに出るかどうかは謎ですが、USB-赤外線アダプタをどこかが市販してくれるまでは、ちょっと頑張って配布するかもしれません。ではでは!

C83 でんでんらぼ頒布物の紹介

もうコミケ一日目も終わろうとしてますが、今更頒布物と頒布価格を紹介します。
例の、赤外線機能の無い端末に、外付けで赤外線機能を付けちゃうアダプタ。頒布します。

bqe5se

頒布物は2点です。

  • 小冊子 500円
  • 電子回路(Android USB赤外線通信アダプタ:いちごあめ) 1500円

ちなみに、私の担当分(いちごあめ)に関しては、冊子回路の両方共、サークル参加の方であれば、ご自分の同人誌をお持ち頂ければ、その分を頒布価格から引かせて頂きます。
電子工作ネタでも、鉄道ネタでも漫画でも小説でも18禁でもBLでもなんでも良いので、
持ってきてくれるととっても喜びます。ただ、重複禁止ですw

・小冊子  500円

詳細を書いておいてね。って言っておいたのに書いてないのでスルーで。
(2012/12/30追加)↓↓ ここからNorthernFox ↓↓
あーあー書きます書きます。 冊子の内容は2本立てになってます。
1つ目はじっくり考える過渡現象と題して、電子回路の基礎部分と、どうして電子回路の過渡現象を解析するとexp()になるのかという感じのことを書きました。どうも微分方程式解いてln()がでて両辺logとってexp()ってのが納得行かなかったので。正直、迷走してます。
2つ目は頒布するアダプタに関する制作秘話や裏事情など、彼の苦悩が色々と書かれてます。あとちょこっとAndroid端末に関する小話が書かれているようです。

前半に回路の基礎のことを書いて、基礎を応用すると赤外線アダプタだって作れるんだよ!というネタ的なアレも含まれてます。(注! どう考えてもこの本の構成では基礎と応用はつながりどころありません。)あ、あと全28Pです。冊子とか初めて過ぎて色々と至らないかもしれないですがよろしくお願いします。
↑↑ ここまでNorthernFox ↑↑

ちなみに私も10ページほど書きました。頒布物の電子回路を作る経緯と悩んだところを技術的な部分を抜かして書いてあります。技術的なところは、書いてるとキリが無いのでばっさり削っちゃいました。ゴメンナサイ。

photo

電子回路 1500円

何の回路なのかというと、赤外線通信機能の無いAndroid端末に赤外線機能を外付けするアダプタです。赤いレジンでケース作ったらキャンディみたいだったので、いちごあめと名付けました。
700388147大きさはこんな感じです。専用ソフト”いちごあめ”を用いて通信します。相手側は”いちごあめ”はもちろん、ガラケーやスマートフォンに標準の赤外線通信機能とも通信できます。

Logodevice-2012-12-29-171352送信と受信が可能です。速度は速くありません。連絡先の交換なら一瞬で終わりますが、連絡先に写真が入っていたりすると、10秒くらいかかります。連絡先やテキストデータの交換が精々だと思っておいて頂けると助かります。

現状、動作確認済みの機種は下記の通りです。

  • Galaxy Nexus SC-04D
  • Galaxy S2 SC-02C (要4.0アップデート)
  • Galaxy S2 LTE  SC-03D (要4.0アップデート)
  • Galaxy S3 SC-06D
  • Galaxy Note 2 SC-02E
  • Xperia GX SO-04D

一応、Android 4.0以上の端末であれば、問題なく動くはずです。当日、頒布機以外にデモ機を用意しておくので、動作テストして頂いてから、ご検討下さい。

通信保証はできません。一部通信できないガラケーを確認しています。
動作保証もできません。当日、受け取った直後に開封して動作確認をして頂ければ、と思います。
あくまでも、自作基板の頒布です。ご理解頂ければと思います。

って。お堅い文章でしっかり書いておかないと、”製品”と勘違いする人が居そうでw

頒布は下記の状態で行います

20121229_172939ケースは形成が甘いので、カッターなどで削って整えて頂けると助かります。表面はICが載っていて見栄えがしますが、裏面は配線がにょろにょろですので、
イラスト等をちょろっと挟んでおくのがオススメです。

柔らかい素材なので、ハンドドリルなどでケースの隅に穴を開けてヒモを通すのも良いかもしれません。
基板は一応ハヤコート塗ってあります(防水塗装)

アロンアルファとかで接着するとできあがりですw

場所は、

三日目(31日 月曜日) 東地区 Xブロック 39b

です。んではでは、物好きなかた。お待ちしておりますw

あ、ワスレテタ。いちごあめは、赤外線リモコン機能もあります。
リモコン機能諸事情で落としました。
操作対象機器によっては誤動作による損害が甚大になるためです。
もともと、機能としては載せてあったのですが、通信がメインで通信用のLEDを搭載した結果、飛距離が伸びず。LEDに負荷がかかり故障しやすくなり。
指向性も強いため(機器に向けなければならない)、リモコンには向きません。

リモコン機能に期待されている方は、申し訳ございませんがご一考下さい。

Googleのブックスキャナがすばらしい!ので製作を検討してみた

今日のお昼、研究室でいつものようにtwitterのTLを眺めていると、こんなつぶやきが。

リンクを開いてみると…

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/14/news057.html

Googleさんの非破壊ブックスキャナです。

ブックスキャナというのは、本の読み取り専用のスキャナのことで、自分の持っている書籍をパソコンに取り込むことで電子化する。自炊に使われています。

しかし難点があって、非破壊でやろうとすると自分でページをめくる必要があり、時間がかかります。高速でやろうとすると今度は、裁断機で背表紙を切り離し自動送り搭載のドキュメントスキャナで読み取るしかありませんでした。

そこで、このブックスキャナーが登場します。 続きを読む